1級建築士試験

1級建築士試験 受験前年の時の勉強方法とは? すでに今が大事な時!

こんにちは、ワンワンです。

1級建築士の受験前年の11月くらいから資格学校の講義が始まっている頃ですね。もうこの時から受験者同士の競争が始まっていくわけです。

でも、まだ試験まで時間があるしね、勉強はまだゆっくりでいいかな」「今の時期はやる気が出ないなあ、来年からで十分に間に合うから大丈夫だね」と考えているあなた、その考えではいつまで経っても合格できません。

なぜそんなことが言えるかというと、資格学校でワンワンはそんな人たちを見てきました。そして、そんな風に考えて勉強をやらない人が落ちていきます。

すでに競争が始まり、そしてこの時期に合格の人、不合格の人と大きく別れていきます。

不合格になりたい人は誰もいないでしょう。だからこそ、この受験前年の早い時期からの勉強が大切になってきます。

そして、この受験前年度に何をすれば良いのか?と不安に思うあなた、この時期にやるべきこと、重要な事は何なのか?ということを知って、勉強に勤しんでもらえたら幸いです。

この記事では、

  • 受験前年時の勉強方法、重要な事

について一級建築士のワンワンが解説していきます。

ワンワン
ワンワン
1級建築士の勉強は1年間という長い期間を頑張らなくてはいけません。そして、もうこの受験前年から勉強しないと間に合いません。だからこそ、今の時間ある時にやるべきことを淡々とやりましょう!

1級建築士試験の合格率を知りたいあなたは、こちらをお読みください。

1級建築士の合格率は? 2020年以降はどうなっている?こんにちは、ワンワンです。 1級建築士試験は難しい試験ですが、どの程度の合格率かはご存知ですか? 1級建築士は国家資格なので...

資格学校の授業に必ず出席する

「こいつ、何を言ってるんや」と思っているあなた、その通りです。こんな当たり前のことは出来ていないとダメなんです。

では、なんで「授業に出席する事」を挙げたのかというと、実はもうこの時期から授業に全く来ない人がいるからなんです。

まあ、きっと「仕事が忙しい、しんどい」とかの理由はあると思います。でも、みんなしんどいと思っても来ているわけです。

まず、ここで合格の人、不合格の人と別れます。

授業に来ていない人が受かるわけ無いですからね。(自主学習をきちんと出来る人を除く)

授業に出席することは、とても大切です。

  • 1級建築士に出る問題の解き方を学び、問題を解く練習ができる
  • 1級建築士の問題傾向を知れる
  • 分からない所は先生に聞ける

このメリットをしっかりと活用して、勉強していくことが効率よく学習できるコツとなります。

ワンワン
ワンワン
授業で分からないところは、遠慮なく先生に聞きましょう。一人で理解できないところを悩んでいても時間の無駄です。先生に質問することで、より効率よく学習できます。

宿題・復習をする

これも当たり前のことなんですが、すでにこの時期から宿題をやっていない人がいます。

宿題は、授業で学んだ内容を頭に定着させるために行う勉強です。宿題をやらなければ、授業を聞きっぱなしになって効果がありません。

「宿題がめんどくさくてやらない、仕事が忙しくて宿題ができない」等の理由はあるかもしれませんが、合格する人は時間を見つけて宿題をこなしています。

そして、宿題をやっていると解けない問題に当たることがあります。その時はチェックをつけて、解けるようになるまで何度も同じ問題を解くことも大切です。

それにプラスして復習もやりましょう。宿題だけをやっていればOKというわけではありません。

復習でやるべき事は、

  • 授業でやった内容の復習(間違えた問題を再度解くなど)
  • 覚え切れていない用語を覚える
  • 以前に間違った問題をもう一度解く

と特別なことをやるわけではありません。地味ですが、上記の事を計画的にしっかりとやれば、知識、解放が身につきます。

特に間違った問題は、しっかりと身につくまで何度も解くことが大切です。

1級建築士試験に出る頻出分野は先に学習する

これはワンワンが実際にやっていた学習方法です。資格学校の授業のカリキュラムは7月に全ての分野を終えるようになっています。

正直に言って、それでは遅すぎるわけです。

だからこそ、受験前年の余裕がある時期に頻出分野を先取りするように勉強するわけです。頻出分野はほぼ必ず出る分野ですから、勉強すればするほど点数が取りやすいわけです。

これは授業+宿題・復習にプラスαの要素となりますが、やればやるほど点数が伸びやすい学習になるので、オススメです。

何よりこの受験前年の余裕のある時にやる事で、これからの学習に余裕が出てきます。そして余裕が出てくると復習に時間を割けます。

復習する事で知識・解法が定着していき、試験で良い点数が取れるという循環になっていきます。

ワンワン
ワンワン
1級建築士の試験勉強では復習が大切。どれだけ復習をしっかりして、覚えるべき知識、解法を頭に定着させ、そして問題を解ける試験レベルまで持っていくことが大切です。

「1級建築士試験 受験前年の時の勉強方法とは? すでに今が大事な時!」まとめ

資格学校の授業に必ず出席をする。

授業を参加する事で得られるメリットが大きい。そのメリットとは、

  • 1級建築士に出る問題の解き方を学び、問題を解く練習ができる
  • 1級建築士の問題傾向を知れる
  • 分からない所は先生に聞ける

上記をうまく活用する事で、効率よく学習ができる。

宿題・復習をする。

宿題・復習は授業で習った事を頭に定着させること。

復習のすべき事

  • 授業でやった内容の復習(間違えた問題を再度解くなど)
  • 覚え切れていない用語を覚える
  • 以前に間違った問題をもう一度解く

1級建築士試験に出る頻出分野は先に学習する

頻出分野は勉強をすればするほど点数が取れる分野。この受験前年の余裕のある時期にやることでこれから先に復習に時間を割けることができる。

ワンワン
ワンワン
この余裕のある受験前年をうまく使って、1級建築士の学科試験を合格しましょう。ちなみに製図試験は学科試験後の勉強でも十分に間に合います。

勉強方法について知りたいあなたは、こちらをお読みください。

1級建築士試験 資格学校に行った時の勉強方法 学科試験編こんにちは、ワンワンです。 資格学校に行くと決めたあなた、資格学校に行っているあなた、資格学校に行ってどういう勉強方法で一発合格で...

1級建築士試験を落ちる理由を知りたいあなたは、こちらをお読みください。

1級建築士試験が落ちる理由と原因 対策をすることで合格へ!こんにちは、ワンワンです。 あっという間にゴールデンウィーク前ですね。1級建築士の学科試験の7月までにある最後の大型連休です。ここ...