家づくり

ベタ基礎の底盤部分と布基礎の土間コンクリート床の違い

こんにちは、ワンワンです。

家の構造で大切な所と言えば基礎ですね。木造の家であればベタ基礎、軽量鉄骨の家であれば布基礎が多いです。

ベタ基礎と布基礎、見た目は同じですが違いが何なのか?知っていますか。

実はベタ基礎と布基礎では力の流れ方が違うんです。

では、どんな風に違うのか解説していきます。

布基礎、ベタ基礎の違いについて知りたいあなたは、こちらをお読みください。

大手ハウスメーカーの基礎は布基礎、ベタ基礎どちらが優れている?こんにちは、ワンワンです。 いつもは1級建築士対策、建築士になる道、ワンワン自身のことを書くことが多かったですが、新しいことについ...

この記事では、

  • ベタ基礎の基礎部分と布基礎の土間コンクリート床の違い

について、1級建築士のワンワンが解説していきます。

ワンワン
ワンワン
基礎の違いを知ると、家を計画する時にどのような役割をするか理解できます。土間コンクリートはよく使われるので、なぜここに土間コンクリートを打つのかという理由もわかってきます。

ベタ基礎の基礎部分

ベタ基礎の場合は、地面に接する部分が全て基礎となります。

ベタ基礎の役割は、

  • 建物の重さ
  • 人や物の重さ
  • 雪の重さ
  • 地震の力
  • 風の力

地盤に伝えます。つまりベタ基礎の底盤部分はとても多く、そして大きな力を受けていることがわかりますね。そのためベタ基礎の基礎部分は布基礎の土間コンクリートより厚くなります。

2階建ての木造であれば、ベタ基礎の底盤の厚みは150mmになります。そして鉄筋を径10mmを200mmピッチで配筋することが多いです。

布基礎の床部分

実は布基礎の基礎部分は逆T字型となっている所が基礎となります。この基礎部分が上部構図が受ける力(ベタ基礎部分で説明した5つの力)を地盤に伝えます。

では、土間コンクリートの床は何の役割なんでしょうか。

実は土間コンクリートは

  • 土間コンクリートの重さ
  • 1階床の重さ
  • 1階床にある人と物の重さ

を直接地盤に伝える役割となっています。

布基礎部分が地盤補強をしていても、土間コンクリート床が負担する力は小さいので、直接地盤で支持をします。

ベタ基礎の底盤と比べると、土間コンクリートが負担する力は小さく、そして限定的となります。

土間コンクリート床の厚みは80mmが多くのハウスメーカーで使われています。あとは100mmの厚みですね。

そう考えると土間コンクリートの方が地盤に伝える力が小さいので、厚みが小さくなります。

土間コンクリート床には溶接金網6mm、通称メッシュ筋をコンクリートのひび割れ防止に入れてます。

ベタ基礎もそうですが、土間コンクリートを打つ前には、地盤を転圧して締め固めることが大切です。

また地盤改良をするような弱い地盤では、土間コンクリート部分が沈下する恐れがあるので注意が必要です。かなり弱い地盤の場合は土間コンクリート床部分にも地盤補強を行いましょう。

「ベタ基礎の底盤部分と布基礎の土間コンクリート床の違い」まとめ

ベタ基礎の底盤

  • 建物の重さ
  • 人や物の重さ
  • 雪の重さ
  • 地震の力
  • 風の力

を地盤に伝える。

布基礎の土間コンクリート床

  • 土間コンクリートの重さ
  • 1階床の重さ
  • 1階床にある人と物の重さ

を地盤に伝える。

ワンワン
ワンワン
少し構造の専門的な話となりましたが、ベタ基礎の底盤と布基礎の土間コンクリート床の役割が違うことがわかりますね。構造設計では使い分けて構造計算をしています。土間コンクリートを厚くしたい場合は、設計に言えば対応してくれます。

布基礎、ベタ基礎の違いについて知りたいあなたは、こちらをお読みください。

大手ハウスメーカーの基礎は布基礎、ベタ基礎どちらが優れている?こんにちは、ワンワンです。 いつもは1級建築士対策、建築士になる道、ワンワン自身のことを書くことが多かったですが、新しいことについ...