家づくり

屋根には瓦が一番? 瓦屋根の利点と欠点、そして耐震性について

こんにちは、ワンワンです。

屋根といえば瓦が一番思いつくのではないでしょうか。日本では昔から屋根に瓦が使われていましたが、近年では色んな屋根材が出てきました。

  • ガルバニウム鋼板
  • スレート屋根
  • 陸屋根のシート防水等

最後は屋根材ではないですが、陸屋根も近年では増えているので陸屋根でよく使われるシート防水を追加しました。

特にガルバニウム鋼板の屋根は増えてきていますね。耐久性もあり、費用も安めなので採用されることが多いです。

その代わり瓦屋根の採用が減少しています。

そんな瓦屋根の魅力とはなんなのか?、そしてよく気になっている耐震性についてはどうなのか?について話していきます。

この記事では、

  • 瓦屋根の利点、欠点、耐震性

について、1級建築士のワンワンが解説していきます。

ワンワン
ワンワン
最近では様々な瓦屋根があります。そんな瓦屋根は特に和の家ではものすごく合います。また近年では少しデザインされた瓦や太陽光一体型の瓦も出ています。瓦屋根の素材も多様性があるので、色々と選択肢の幅が広がっています。

瓦屋根とは

昔からある瓦は、

  • 粘土を成形
  • 釉薬を塗る
  • 瓦を焼く

と大きく3つの工程があって作られたものです。これを粘土瓦と言います。

そして昔の家では瓦を土で葺いていたので、とても重さのある屋根となりました。今の瓦は、桟木(木材)に瓦を引っ掛けて釘を打って固定しています。

瓦の利点

その代わりに瓦の利点として、

  • 耐久性、断熱性、遮音性が高い
  • メンテナンス性の良さ

があります。まず耐久性ですが、瓦自体は非常に高い耐久性があるので、50年から100年は持つと言われています。昔の建物であれば、100年以上持っている瓦もあります。

それだけ耐久性が高い屋根であることがわかります。

また瓦の断熱性、遮音性があるので、家の中での生活がとても過ごしやすいものとなります。特に雨音についてはガルバニウム鋼板より瓦の方が遮音性に優れています。

また瓦の空気層があるので、断熱性がアップします。

そして、メンテナンス性の良さとして瓦は一枚から交換が可能となります。例えば台風で何枚かの瓦がひび割れたら、その枚数だけ交換すればOKです。

瓦自体のメンテナンス性は良いですが、防水等がしっかりと施行されていない場合は、シート防水からダメになる可能性があります。そのため、瓦自体のメンテナンス期間より短い期間でメンテナンスが必要となる場合があります。

瓦の欠点

瓦の欠点としては、

  • 価格が高い
  • 他の屋根材と比べて重い

となります。やはり瓦の価格は他の屋根材に比べて高いです。しかし、メンテナンス費用も考慮すると他の屋根材とトータルでは安くなります。(防水シート等が問題ないことが前提)

また瓦の重量は他の屋根材より重いので、より耐震性能を持った家に設計する必要があります。この所に関しては、建物躯体費用が上がることになります。

瓦屋根の種類

瓦には粘土瓦以外にも

  • 金属瓦
  • セメント瓦

があります。金属瓦はガルバニウム鋼板、銅板、アルミ等の瓦となります。粘土瓦に比べて軽く耐久性がある屋根材となります。

セメント瓦はセメントで作られた瓦となります。こちらも金属瓦ほどではありませんが、粘土瓦より軽い屋根材となります。ただし、セメント瓦には塗装が必要となるので、耐久性は粘土瓦より劣ります。

この中であれば粘土瓦が一番耐久性ありますが、費用も高くなっています。

近年では防災瓦というものも販売されています。防災瓦の特徴として、

  • 瓦だけど重量が軽い
  • 台風に対して強く飛ばない
  • 地震の揺れに対して崩れない

という、今までの欠点を改善した屋根材となります。瓦同士をロック形式によりかみ合わせることでより強固なものとなっています。

防災瓦は粘土瓦とセメント瓦があります。粘土瓦は各瓦メーカーが開発している商品があります。例えば、

  • 株式会社 鶴弥 スーパートライ110シリーズ
  • マルスギ株式会社 和形防災瓦

等があります。

セメント瓦の防災瓦では、

  • ケイミュー株式会社 ルーガ

が有名ですね。こちらは樹脂繊維混入軽量セメント瓦となり、繊維材料によって割れにくい瓦となっています。

またデザインについても和瓦からモダンなデザインに合うフラット瓦、洋館の雰囲気に合う洋瓦まで様々なデザインがあります。

瓦屋根の家の耐震性について

瓦屋根を使うと耐震性が低いという事が書かれた記事が多いです。では、なぜ瓦屋根にすると耐震性が低くなるんでしょうか。

それは、地震力が建物重量に比例して大きくなるからです。つまり屋根材として瓦は重いわけですから、その分地震力が大きくなります。

だから瓦屋根の家は耐震性が低くなると言われています。

しかし、構造設計を生業としているワンワンから言わせると、それ相応の耐力壁を入れれば特に問題ないと考えています。

耐力壁枚数を増やして、瓦屋根の家の地震力に対して耐震性を持てば良いわけですから、瓦屋根だから耐震性が低いという考えはおかしいですね。

構造設計というのは、建物の重量に対して地震や風に対して耐震性能を確保できるように計算します。しっかりと構造設計をしていれば、瓦屋根の家でも十分に耐震性を高めることが可能です。

「屋根には瓦が一番? 瓦屋根の利点と欠点、そして耐震性について」まとめ

瓦の利点

  • 耐久性、断熱性、遮音性が高い
  • メンテナンス性の良さ

瓦の欠点

  • 価格が高い
  • 他の屋根材と比べて重い

瓦屋根の家の耐震性について

構造設計をして、十分な耐震性を高めた家に設計すれば良い

ワンワン
ワンワン
ワンワンは瓦屋根を採用しようかなと考えています。メンテナンス性が良いこともありますが、一番は雨音などの遮音性が高い所に惹かれています。あとはデザインも良いですね。個人的にはフラット瓦が合うのではと感じています。